DAOコン(FP7)を痛コン化してみました。



恋がさくころ桜どきの月嶋姉妹です!

・今回使用したもの
カッター
カッターマット
ハサミ
Photoshop
テンプレート(かさぶろぐ様より)
デザインの画像
ファミリーマートのコピー機

テンプレートとPhotoshopを使ってデザインを作成したところまでは良かったのですが、コンビニのコピー機って勝手に拡大されちゃうんですよね(・ω・`)
というわけでちょっとデザインに空白を入れます。

・計算
そのためには計算する必要があるのですがその前に、A4サイズは210×297mmということを頭に入れておきましょう。
コンビニで印刷する場合、余白部分が入るのですが余白のトータルが約20×7mmです。(確実ではないので1回試すのも有り)
それをA4サイズから引きます。
(210×297mm)-(20×7mm)=(190×290mm)
これは縦向きの時のサイズなので横向きに変換⇒(290×190mm)
DAOコン(FP7)のテンプレートの横サイズが230mmなのでこれとA4のサイズの比を求めてテンプレートのpixel数とかけあわせます。
(290÷230)×pixel

・結果(上で紹介したテンプレートを使った場合)
1614×1053になるように余白を入れればいい!

あとは普通に印刷して切り取ってボタンの間と透明な板の間に挟むだけです。

・感想
2回目だったので切り取りと挟む作業は問題なしだったのですが、光沢紙に印刷したいがためにコンビニプリンターを使ったため原寸の状態で印刷する方法に少し悩まされた。